リプロスキン 評価 口コミ

リプロスキン 評価 口コミ

リプロスキン 評価 口コミ

 

 

まずこの製品について誤解している人が意外に多いんです。

 

 

ニキビ用化粧品は数えきれないほど沢山の種類がありますが、
ほとんどの場合「ニキビ」を治すことが目的で、「ニキビ跡」にアプローチするものって少ないんですよね。

 

 

リプロスキンは「ニキビ跡」にアプローチするものなのです。

 



 

ですからランキング1位をとっている部門は・・・・・

 

☆ニキビあとケア化粧水

 

☆ニキビあとケアのために利用したことがある化粧水

 

☆美容成分が肌の奥まで浸透したと感じる化粧水

 

☆肌が柔らかくなったと満足できる化粧水

 

 

というわけです。

 

 

 

 

わたしの場合はニキビ跡が特にひどくて、一時はプチ整形しようか本気で考えたほどでした。

 

そんなときにリプロスキンが「ニキビ跡専用化粧水」だと知って、ワラにもすがる思いで試すことにしたんです。

 

ニキビ専用の化粧品を使うのは今回がはじめてではありません。

 

今までも、ありとあらゆるニキビ用化粧品を使ってきました。

 

 

そんなに沢山買い集めたコスメたちですが、肝心な効果は、
一時的に効くものもあれば、全然効かないものもありました。

 

 

結局完全に治せるものはなくて、また新しいニキビができて、
跡もどんどん増えてしまい、肌はもう泣きたくなるくらいボロボロです。

 

 

そんなときにリプロスキンのことを知って、
「ニキビ跡までケアできるコスメなんて見たことない!」と思って、飛びついたんです。

 

 

さっそく注文しよう!と思ったら…少しためらってしまいました。

 

どうしてかって、ちょっと値段が高いんですよ…。

 

とりあえず1本だけ試したかったのに、本体価格7,500円+消費税+送料540円で1本8,640円もするんです。

 

定期コースに申し込めば、特別価格になって4,980円+消費税で買えるみたいですが、
使ったこともない化粧品をいきなり定期コースで申し込むって…かなり勇気がいりますよね?

 

 

しかし今なら初回1000円引きキャンペーンが始まりました。

 

 

それに、化粧品には珍しい60日間の返金保証が付いていたので、「効果がないときは返金してもらおう」と決心がつきました。

 

 

 

で、実際の効果です。

 

 

結論から言うと、リプロスキンはわたしにぴったりの化粧品でした。

 

 

リプロスキンは1ヶ月1本が使用量の目安になっています。

 

 

3ヶ月使って見ました。

 

 

ニキビはもうほとんどできなくなっています。

 

 

デコボコだった肌が、だいぶ滑らかに整ってきたのが自分でもわかります。

 

 

諦めずにリプロスキンを使い続けて、保湿美容液をつけることを心がけた成果だと思いました。

 

 

リプロスキンを使いはじめたときは、
「ニキビができているのに、こんなに保湿しちゃって大丈夫?
むしろ乾燥させた方が菌が死ぬんじゃないの?」なんて考えていましたが、
肌を潤すことがニキビ退治には大切なんですね。

 

 

保湿が大切なことを知らずに、自己流の間違ったケアを続けていたら、
ニキビ跡が消えなくなっていたかもしれないので、間違いに気づけて本当によかったです。

 

 

ニキビというと、皮脂が多くて脂っぽい肌のイメージありませんか?

 

実はわたしもリプロスキンを試すまでは、そう思っていました。

 

だからせっせと脂とり紙で皮脂をとっていたんですが、これがいけなかったみたいです。

 

リプロスキンの説明書によると、ニキビやニキビ跡をなくすためには、まず根本の肌を整えることが大切みたいです。 

 

柔らかくて潤いのある肌を目指すことで、肌の生まれ変わりサイクルが正しく機能して、
ニキビやニキビ跡が少しずつなくなっていくってことですね。

 

 

乾燥やゴワゴワついたままの肌では、必要な成分が浸透しないので、
ニキビや肌トラブルが続いてしまうそうです。

 

 

確かにニキビができていたときの肌は、脂っぽいのに乾燥してピリピリとした痛みを感じたり、
洗顔後の肌のさわり心地がゴワゴワしたりしていました。

 

 

リプロスキンは肌を柔らかくして、成分の浸透力を高めるブースターの働きをするので、
単品使いするのではなく、今まで使っていた化粧品と組み合わせて使うことをおすすめしています。

 

 

基本的な使い方は、朝晩の洗顔後に一番最初にリプロスキンを使うだけでOKです。

 

 

1回分の目安は7〜10滴くらいで、2・3回くらいに分けて顔全体になじませます。

 

 

手のひらでローションを温めてからなじませるのもポイントみたいです。

 

 

その後は使い慣れている、美容液などを使ってケアすれば良いとのことでした。

 

 

 

化粧水からクリームまでライン使いをすすめられるのが一般的なのに、
すでに持っている化粧品を使うことができるなんて、なかなかポイント高いですよね

 

 

今まで高い化粧品を使ってもなかなか効果を実感できなかったのは、
肌が硬くて成分がしっかり浸透できなかったからみたいです。

 

 

そのことがわかってから、手持ちの化粧品も使うのが楽しみになりました。

 

リプロスキン公式サイトはこちらです。