きれいになりま専科

お医者様との結婚

お医者様との結婚

 

自分磨きをして綺麗になればいい。

 

実はそれは単純な考え方です。

 

事実、これからお知らせする方法を知った女性は

 

「今まで、お医者様と結婚したいと思って
いろいろ本を読んだりして、お医者様のことを分かったつもりでいましたが
全然違いました。」

 

「お医者様に好かれようと、今までやっていたことが
実は、全て逆効果だったなんて・・・もっと早く知りたかったです!」

 

と口を揃えて言います。

 

もしあなたが

 

「経済的に安定した生活を送りたい」
「頭のいい人と結婚して、優秀な子どもが欲しい」
「社会貢献度の高いだんな様を支えて、家庭を守りたい」
「素敵な人と結婚して、両親を安心させたい」

 

と思うなら、

 

まずは、医者本人の声を聞いてください。

 

医者との結婚は あなたが思うほど、難しいことではありません。

 

結婚は、一生のことですから、絶対に妥協しないでください。

 

このメッセージは、あなたの人生を大きく幸せへと導くものになるかもしれません。

 

優しい旦那様に、愛され、経済的な不安を抱えることなく 幸せな日々を過ごすことではないでしょうか。

 

こういった思いを抱える女性が、結婚相手の候補に 医者を選んでいるのですが、

 

すんなりとうまく結婚に結びつかないことが多いようなのです。

 

ドクターの性格に問題があるわけでもなく、ルックスに難があるわけでもないのですが、 結婚できないと悩んでいるのです。

 

先ほども申しましたように、医者を結婚相手の候補に選ぶ女性は多いので アプローチがないわけではありません。

 

「結局、理想が高いだけでしょ」 と思われるかもしれませんが、そうではないのです。

 

実は、出会うという段階まで、もしくはお付き合いをスタートするという段階までは 問題はないのですが、その先がつながらないのです。

 

そして、いろいろ相談を受けていると そのうまくいかない原因のほとんどが、ささいなことだと分かりました。

 

どんなことかというと、性格や価値観の問題ではなく、 単に医者の扱い方を知らないだけなのです。

 

ドクターの多くは、過酷な職場環境ゆえに 少し普通の職業の男性とは、女性に対して望むものがズレていることが多いのです。

 

多くの男性は、女性に対して 女性らしい美しいルックスや守ってあげたくなるようなかわいらしさ、 可憐さなどを求めたりしますが、医者にとっては、そんなことよりも大切なポイントがあるのです。

 

それは、自分を支えてくれる女性かどうかということです。

 

医者にとっては、自分を支えてくれる女性かどうかが大きなポイントになります。

 

「でも、医者にアプローチしてくる女性は、モテるタイプの女性が多いでしょう。 支えていくポイントも心得ているのでは?」
と、思われたかもしれません。

 

確かに、恋愛に長けている女性が多くいらっしゃいますので 女性からアプローチされて、デートをしたり仲良くなるという段階までは、比較的スムーズにお付き合いできます。

 

ですが、結婚にまで発展しない場合がほとんどなのです。

 

そこまでうまくいくのに、結婚へと発展させることが出来ないのには ちゃんと理由があります。

 

医者にしか分からない、悩みや苦労かもしれませんが・・・

 

実は、私たち医師は、「医者になるため」に、学生時代からガリ勉で、やっと医者になった状態の人間が大半です。

 

研修医の期間もありますし、大学院にいこうものなら、一人前の医師になれる時にはすでに30歳を超えていることが多いのです。

 

つまり、医者になるための勉強ばかりをやってきたため、それ以外のことに関しては、分からない事だらけです。

 

つまり、恋愛経験も少ない男性が多いのです。女性の扱いに慣れていませんから、お相手の女性をがっかりさせることもしばしば。

 

「こんなはずではなかった!」と女性に言われてしまうことすらあります。

 

逆もしかり。

 

彼女たちが、ドクターを支えようと良かれと思ってやっている行動が ドクターにとっては、ズレていることも多いのです。

 

どうしてズレているのかというと、医者という特殊な職場環境にさらされているせいか 普通の男性とは違うところに喜びを感じたり、普通なら何も思わないようなことに ストレスを感じてしまうことがあるのです。

 

元々、恋愛が苦手な上に、ズレていることをされるのですから、 彼女に対しても、「こんなはずではないんだけど・・・」微妙な反応を取ってしまいます。

 

女性からしてみれば、「せっかく支えようとしているのに、反応が薄い人!」と なってしまい、どんどん悪循環になるのです。

 

つまり、恋愛慣れしている刺激を求める女性が、我々ドクターの周りに集まり、何となくチグハグな状態で恋愛に発展しないのです。

 

その結果、恋愛が面倒になり結婚も諦めかけている医師が多かったりします。

 

結局、積極的に医師と結婚しようと動いている女性でも、医師が本当に結婚したいと思っている女性がどんな女性なのか どんなことをすれば、医者が喜ぶのかを知らないのです。

 

 

「私は、医者と付き合ったこともあるし、 医者のことを知らないなんて・・・そんなことない!」と思われるかもしれませんが、 事実、お医者様と現時点でご結婚されているでしょうか?

 

もしかしたら、彼に嫌気がさして、あなたの方から別れを選んだのかもしれません。

 

ですが、別れを選ぶ原因があったはずです。

 

医者の生活や医者の思い、どうして欲しいかをあらかじめ知っていれば その原因を理解することもできていたかもしれないし、 「別れ」という選択肢を選ばなくてもよかったかもしれません。

 

恋愛に長けている女性ほど、男性の喜ぶツボをよくご存知だと思うのですが それが医者には通用しないことが多いのです。

 

いえ、多くの場合は、それが逆効果になってしまいます。

 

ですから、素敵な出会いを、結婚へとつなげるために 「相手を理解する」という土台を固めていって欲しいのです。

【医者と結婚する方法】現役エリート医師と結婚するための20の法則

 

 

 


関連ページ

今井美樹 デビュー 30周年
女性であれば、何歳になっても「きれいでありたい」と願うものです。このサイトでは、そんな方々のために、本当に使える商品・美容方法等の紹介をしていきたいと思います。