ウォーキングDNAサポーターで自宅で簡単あんま・指圧

自宅で簡単あんま・指圧

自宅で簡単あんま・指圧

 

・あんま、指圧の代用
・筋肉のコリをほぐす
・筋肉の疲れをとる
・血行を良くする
・健康に良い

 

それが、ウォーキングDNAサポーターです。

 

 

パットが動いてヒザをほぐす【ウォーキングDNAサポーター】

 

 

治療院に毎日いけない方にはぴったりです。

 

歩くときパットが動いてヒザをほぐすので効果が大きいんです。

 

 

病気や怪我の治療をすることを手当といいますが、サポーターの中に人の手形状のパッドを入れてますので、
まさに歩きながらの手当てが行えます。

 

よく膝に水(関節液)がたまるかた、膝の痛みを治したい方にお勧めです。

 

衰えた膝か軽やかにあがります。治療院に毎日いけない方にお勧め。

 

通常のサポーターは患部を強く圧迫固定して痛みを緩和・予防しますが、
ウォーキングDNA膝サポーターは強く締め付けずにサポーター内のポケットに
入れたパッドが歩く・動くたびにあんま指圧を自然に行い患部の治癒に努めます。

 

 

 

歩くときにサポーター内部のパッドが上下に約6cmスライド移動、
これにより皮膚の下の筋肉・軟骨・半月板・神経などにほぐし効果が得られます。

 

膝のお皿と連動するパッドが上下に動きながら指圧、
血行を良くし筋肉のコリをほぐし疲れを取ります.

 

ゴルフでひざを痛めた方など、装着したままプレーをなさってますが痛くないと好評です。

 

サポーターに各種パッドを入れることによりソフト〜強の使用方法を5段階で調節できます。

 

 

*サポーターの生地は消耗品です、マジックテープのつきが悪くなったら交換のサインです、パッドはそのまま使えます。

 

交換の際はサポーターだけを別売りしています。

 

一般的なサポーターとの違いはしめつけ、圧迫感をほとんど感じません。

 

よじれ、づれが生ぜずそのため常に幹部に密着しリセットの手間がかかりません。

 

 

 

使用方法
パットを片手に持ち、サポーターのポケットに挿入、次にパットの言ったサポーターをひざ部分に一巻きし、マジックテープで固定する。
後は歩いたり、動く事でパットが関節部を自動的にマッサージします。

 

 

 

世界初!パットが動いて効果あり!特許取得済!

 

中村弘志先生のウォーキングDNA膝サポーターです。

 

くわしくはこちらをごらんください。